洋学史学会若手部会

洋学史学会に所属する大学院生・学部生を中心とする若手部会です。

【紹介】本ブログおよび今後の開催予定について

 洋学史学会若手部会は、洋学史学会に正式に承認された支部であり、洋学史学会に所属する大学院生・学部生などを中心とする研究会です。原則として偶数月第1土曜日の午後に開催します。 各種研究報告はもちろん、洋学史研究に関連する情報収集・共有の場としていく予定です。洋学史学会非会員の方であっても、参加は可能です。本ブログでは、洋学史学会若手部会の活動について発信していきます。
2022年4月1日現在での会員数 41名(正会員26名、賛助会員15名)

 お問い合わせは、洋学史学会若手部会運営(yogakushi.wakate@gmail.com)までお願いいたします。Informationにて運営委員、会則、入会方法等についてご案内しています。


今後の開催予定について
 詳細は開催1ヶ月前を目途に更新予定です。

オンライン例会を開催します。(2020年5月6日UP)
 洋学史学会若手部会では、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に、当面の間、オンラインにて例会を開催することといたしました。
 緊急事態宣言下にあっては、これまでのように一堂に会し、研究発表や意見交換を行なうことは困難です。そうした中でも、研究成果を報告する場を維持したい、若手研究者同士の交流を深め、研究活動のモチベーションを高めたいとの思いから、オンラインによる例会の開催を決定いたしました。


NEW!【オンライン例会/2022年6月5日(日)】
臺由子(明治大学大学院)
醍醐龍馬(小樽商科大学)

2022年度例会スケジュール】
2022年8月6日(土):濱口裕介/萱田寛也
2022年10月1日(土):西脇彩央/増田友哉/山本瑞穂
2022年12月3日(土):ワークショップ(調整中)
2023年2月4日(土):武正泰史/阿曽歩

【開催案内】洋学史学会若手部会6月オンライン例会

洋学史学会若手部会では、6月オンライン例会を開催致します。
ご関心のある方はふるってご参集ください。

【洋学史学会若手部会6月オンライン例会】
日時:2022年6月5日(日)14:00〜16:10(例会終了後に茶話会を予定)
会場:参加者にURLを送付
参加資格:なし ※会員、非会員にかかわらずご参加いただけます。
ただし、事前登録制(登録はコチラ※6月3日(金)18:00入力締切
回答後に変更が生じた場合、期日までにフォームを編集するか、洋学史学会若手部会運営(yogakushi.wakate@gmail.com)まで直接、ご相談ください。

報告者①:臺由子(明治大学大学院博士後期課程)
報告タイトル:佐賀藩における『マガゼイン (Nederlandsch magazijn)』の利用

〈報告要旨〉
 江戸時代に輸入されたオランダ語の書物の一つに,挿絵入りの大衆啓蒙雑誌である『マガゼイン(Nederlandsche Magazijn)』がある(1834-1845, 新シリーズ1846-1858)。当時の日本での『マガゼイン』の利用は,「海外情報・文化の収集の手段や重視された情報が,知識の集積である百科事典から雑誌へと移行したことを示」すという指摘1もある。
 現在その所在は不明であるが,佐賀藩は『マガゼイン』を所有し,『洋書目録』の貸出記録が指摘されている。今回の発表では,武富圯南が千住大之助にあてた書翰を史料とし,「朝鮮人参」の記事を大庭雪斎に訳させていることに対して,『マガゼイン』が医学書ではないという考えを持つ人物がいる一方で,人参の効能を実際に試すといった佐賀藩の医学の一場面を見ることになる。佐賀藩での利用を読み解くことによって,『マガゼイン』の翻訳から実用につなげようとする姿勢を分析しようとするものである。

1 上野晶子「マガゼイン」『洋学史研究事典』p.147 思文閣出版 2021

〈参考文献〉
中野礼四郎編 『鍋島直正公伝』6 侯爵鍋島家編纂所,1920
齋藤信「佐賀鍋島家『洋書目録』」『西南諸藩の洋学』西南諸藩洋学史研究会,1985
松田清編『佐賀鍋島家「洋書目録」所収原書復元目録』京都大学大学院人間・環境学研究科 松田研究室,2006
青木歳幸 「佐賀藩における西洋医学の需要と展開」『幕末佐賀藩の科学技術』下 岩田書店,2016
青木歳幸 『佐賀藩の医学史』佐賀大学地域学歴史文化研究センター,2019

報告者②:醍醐龍馬(小樽商科大学商学部一般教育系 准教授)
報告タイトル:「榎本武揚の化学者的特性-石鹸製造への関心を中心に-」

〈報告要旨〉
 本報告では、幕末のオランダ留学などで洋学を学んだ榎本武揚の化学者的特性を石鹸製造への関心を中心に検討する。榎本が化学(舎密学)を学び石鹸や焼酎、流星刀などに興味を示していたこと自体は既に知られているが、実際に彼がどのようなタイプの化学者だったかまでは内在的に検討されていない。このような専門知の実態を明らかにすることは、明治維新期の学問水準の一端を内面的に知る手掛かりとして重要なだけでなく、榎本が旧幕臣にも拘わらず藩閥政府内で浮上できた要因を考える上でも欠かせない。そこで、本報告では榎本の化学者的特性に関し、特に彼が戊辰戦争後の獄中で記した「石鹸製造法」(国立国会図書館憲政資料室所蔵)に着目し、家族宛書簡などの関連記述、さらには実際に榎本が書いたレシピ通りに石鹸を復刻した実験結果などとも照らし合わせながら考察する。結論として、榎本の学問的関心が現代でいう純正化学にはなく、殖産興業を見据えた応用化学(工業化学)にあり、学問と実業の架橋に主眼が置かれていたことを指摘する。

〈参考文献〉
加茂儀一『榎本武揚-明治日本の隠れたる礎石』中央公論社、1960
芝哲夫「榎本武揚の化学志向」『化学史研究』35(2)、2008
芝哲夫「ポンペ(1829-1908)-化学の魅力教えた恩師」榎本隆充、高成田享編『近代日本の万能人・榎本武揚 1836-1908』藤原書店、2008
島田義照『日本石鹸工業史』大阪石鹸商報社、1932

会員の新刊情報(堅田智子氏、阿部大地氏)

 2022年4月、本会会員の堅田智子氏(流通科学大学講師)、阿部大地氏(佐賀県立博物館学芸員)による論文が収録された『1873年ウィーン万国博覧会-日墺からみた明治の本の姿』が思文閣出版より刊行されます。

f:id:yougakushi-wakate:20220310161435j:plain

『1873年ウィーン万国博覧会』表紙

◆書誌情報
ペーター・パンツァー、沓澤宣賢、宮田奈奈編『1873年ウィーン万国博覧会―『日墺からみた明治の本の姿』思文閣出版、2022年4月。
定価:9,680円

◆会員担当箇所
Ⅰ ウィーン 日本趣味の熱狂とそのゆくえ
第4章 ウィーン万国博覧会後のジャポニスムをめぐって――「日本古美術展」とシーボルト兄弟寄贈日本コレクション(堅田智子)

Ⅱ 日本 国家事業としての参同
第8章 ウィーン万国博覧会の展示品収集と「産物大略」(阿部大地)


 ご興味のある方は、ぜひお手にとっていただけますと幸いです。

【内容報告】2022年2月オンライン例会

 洋学史学会若手部会では2月オンライン例会を開催し、2名の会員による研究報告が行われました。いかにその概要を報告いたします。

日時:2022年2月5日(土)14:00〜16:10

報告者①:阿曽歩(国際基督教大学博士研究員)
報告タイトル:「大槻家の「家学」に関する試論:故郷という視点から」
 
 本報告は大槻玄沢による故郷や「家」に関する記述から、彼の「家」意識を捉えようとするものである。
 「家学」とは近世日本における学問継承のあり方の一つである。従来、大槻家についての総合的研究は行われてこなかったが、大槻家の家学を明らかにすることで、蘭学史の描き方を再検討できるのではないかと考えられる。
 玄沢や彼らの息子や孫が故郷・一関(息子らは江戸生まれであるが一関を故郷と捉えていた)への強い思いがあったことは先行研究においてすでに指摘されている。今回は特に玄沢の言動に注目し、彼の故郷への思いを、単なる「ふるさと愛」といった現代的感覚ではなく、そこに一族意識・「家」意識が働いていたことを明らかにした。
 報告後は、近世日本の学者の家にも、ヨーロッパに見られるような学問を家業とする認識があるのかといった質問に対し、林家の事例などに見られることや、また大槻家の認識を今後さらに論じていきたいという応答等がなされた。


報告者②:菊地悠介(大本山永平寺学術事業推進室調査研究員・川崎市市民ミュージアム学芸スタッフ)
報告タイトル:「射和文庫における蔵書の構造と特質―特に竹川竹斎収集の翻訳書について―」
 
 本報告は、伊勢の竹川竹斎が創設した射和文庫の構成や書物の来歴について明らかにしようとしたものである。
 射和文庫には翻訳書や洋書が多く含まれているが、従来の研究ではこれらの書物は取り上げられてこなかった。このような翻訳書・洋書による情報収集の過程を明らかにすることは、知識の伝播とその活用の実態(目的や地域への影響)を知る上で重要である。
 射和文庫には幅広い分野の翻訳書が含まれる。またその内容から、文化・文政期から海外情報を広く集めていることや、入手経路が判明するものでは、勝海舟からの寄贈書が多いことも特徴として挙げられる。そしてこの勝海舟との繋がりは、書物の寄贈だけでなく、竹川竹斎の商売ほかでのネットワークとして活きていたことが指摘できる。
 報告後は、蔵書研究として他家との比較の必要性への指摘や、竹川竹斎の関心が本草学から海防へ移ることを踏まえ、竹斎が書物を入手した時期に着目してはという提案もなされた。

                             (文・西脇彩央)

【開催案内】洋学史学会若手部会2月オンライン例会

洋学史学会若手部会では2月オンライン例会を開催致します。
ご関心のある方は奮ってご参集ください。

【洋学史学会若手部会2月オンライン例会】
日時:2022年2月5日(土)14:00〜16:10(例会終了後に茶話会を予定)
会場:参加者にURLを送付
参加資格:なし ※会員、非会員にかかわらずご参加いただけます。
ただし、事前登録制(登録はコチラ※2月3日(木)17:00入力締切
回答後に変更が生じた場合、期日までにフォームを編集するか、洋学史学会若手部会運営(yogakushi.wakate@gmail.com)まで直接、ご相談ください。

報告者①:阿曽歩(国際基督教大学博士研究員)
報告タイトル:「大槻家と故郷(仮)」
〈報告要旨〉
 大槻玄沢やその息子磐渓、さらにその息子如電・文彦ら、名だたる学者たちを輩出した大槻家の本家(「宗家」)は一関にある。長く江戸で暮らした玄沢に加え、江戸生まれの息子や孫もまた、先行研究が指摘するように、みな一関を故郷と認識していた。
 「江戸の日本橋より唐、阿蘭陀迄境なしの水路也」と、林子平『海国兵談』の叙述を挙げるまでもなく、近世後期には世界地図や世界地理書の広まりにより、人々の世界観は大きく変化していた。そのような中で、玄沢は蘭学を担うものとして世界へと目を向ける一方で、同時に故郷への目配りも欠かさなかった。
 本報告では、大槻家、主に玄沢と磐渓に注目し、彼らの故郷への思いについて考察したい。世界が広がる中での地域への眼差しは如何なるものであったのだろうか。また、「宗家」との関連の中で、彼らにとって故郷はどのような意味を持ったのだろうか。

【参考文献】
相馬美貴子「大槻玄沢とふるさと一関」『GENTAKU 〜近代科学の扉を開いた人〜』一関市博物館、2007年
リンジー・モリソン「近世における「ふるさと」考」『アジア文化研究』41号、2015年

報告者②:菊地悠介(大本山永平寺学術事業推進室調査研究員・川崎市市民ミュージアム学芸スタッフ)
報告タイトル:「射和文庫における蔵書の構造と特質―特に竹川竹斎収集の翻訳書について―(仮)」
〈報告要旨〉
 射和文庫は伊勢国飯南郡射和村の竹川竹斎が嘉永7年(1854)に創設した私立図書館である。蔵書数は親戚・知人からの献本もあって1万冊余りに及んだが、明治以降散逸した。だが、現在も文庫は存続しており、ご子孫の管理のもと、竹川家や射和村に関する史料も含めておよそ3,000点が収蔵されている。
 また、射和文庫には、洋書の翻訳書が多数所蔵されている。幕末期には、様々な情報を知識人や有力村役人層が盛んに収集・活用しており、それらは諸家の資料目録を見てもそれがよくわかるが、射和文庫程の翻訳書を所蔵している家はあまり存在しないと考えられる。
 そこで、本報告では、射和文庫に所蔵されている蔵書の構造と蔵書内で翻訳書がどの程度を占めているのかを明らかにし、できうる限り翻訳書一点一点の情報及びそれらの入手経路を明らかにしたいと考えている。入手経路については、竹川竹斎の日記の記載からおっていきたいと考えている。そして、最後に翻訳書を所蔵していることがどのように竹川竹斎に影響を与えたのかについても言及したい。

【参考文献】
射和文庫蔵書目録編集委員会編『射和文庫蔵書目録』竹川竹斎翁百年祭実行委員会、1981年
高倉一紀「竹口家の教養と国学―蔵書構成と所蔵率の分析―」『伊勢商人竹口家の研究』泉書院、1999年
上野利三『幕末維新期伊勢商人の文化史的研究』多賀出版、2001年
松尾由希子「近世後期商家の蔵書形成と活用一陸奥国内池家の事例より一」『日本の教育史学』50、2007年
工藤航平『近世蔵書文化論―地域「知」の形成と社会―』勉誠出版、2017年

 

 



【内容報告】2021年12月オンライン例会

洋学史学会若手部会では12月オンライン例会を開催し、2名の会員による研究報告が行われました。いかにその概要を報告いたします。

日時:2021年12月4日(土)14:00〜16:10

報告者①:塚越俊志(東洋大学非常勤講師)
報告タイトル:「ラクスマン来日前後の松平定信のロシア認識」
 本報告は、ロシア使節ラクスマン来日(1792年)による松平定信のロシア認識の変化を通じて、幕末に本格化する海防の起点について検討したものである。
 松平定信や蝦夷地・ロシアに関する文書・書物に基づき、以下のことが明らかにされた。定信は、ラクスマン来日前から既にロシアを意識して蝦夷地の地理情報を収集していたが、ラクスマン来日後には、ロシアに対する防備のため蝦夷地開発へと動き出したほか、同時期から洋書を収集し、儒学者・蘭学者らからも情報を得るようになった。ただし、定信に限らず他の老中も各々の情報網で北方情報を収集したとみられる。以上から、ラクスマン来日は幕府が海防の必要性を認識する契機となった出来事であったという結論が示された。さらに、今後は定信が収集した情報の現実の海防への反映状況を解明したいという展望が述べられた。
 報告後は、「海防」の語の定義や、老中以外の幕府役人の情報収集の動向、「寛政異学の禁」の位置付けについての質疑応答が行われた。

報告者②:藤本健太郎(長崎外国語大学講師)
報告タイトル:「明治期長崎における衛生行政の展開」
 本報告は、明治18〜19年の長崎区における2度のコレラ流行に対する都市社会の構成員の動向から、コレラ予防対策が段階的深化を遂げた過程について検討したものである。
 実業家の書簡や当時の新聞をもとに以下のことが指摘された。明治18年のコレラ流行時、国際貿易港長崎では経済的打撃が大きかったため、避病院の設置や下水道の整備といった対策が講じられていった。さらに、明治19年の流行を契機に上水道施設が整備され都市機能が向上した。この発展の背景には、医師による民衆への啓発活動や、行政官による予算面での対応、実業団体によるインフラ整備への支援が存在していた。以上のように、長崎区におけるコレラ予防対策が2度のコレラ流行を経て段階的に発展したことが、医学者・行政官・実業家の視点から明らかにされた。さらに、後に実業家が長崎市政に参画していく動向との接続が展望された。
 報告後の質疑応答では、コレラ流行時の病院の動向や、上水道整備による住環境の変化といった論点が挙げられた。

                             (文・山本瑞穂)

【開催案内】洋学史学会若手部会12月オンライン例会

洋学史学会若手部会では12月オンライン例会を開催致します。
どなたでもご参加いただけますので、ご関心のある方は奮ってご参集ください。

【洋学史学会若手部会12月オンライン例会】
◆12月4日(土)開催
日時:2021年12月4日(土)14:00〜16:10(例会終了後に茶話会を予定)
会場:参加者にURLを送付
参加資格:なし ※会員、非会員にかかわらずご参加いただけます。
ただし、事前登録制(登録はコチラ※12月2日(木)17:00入力締切
回答後に変更が生じた場合、期日までにフォームを編集するか、洋学史学会若手部会運営(yogakushi.wakate@gmail.com)まで直接、ご相談ください。

報告者①:塚越俊志(東洋大学非常勤講師)
報告タイトル:「ラクスマン来日前後の松平定信のロシア認識」
〈報告要旨〉
 ロシアの南下に対応すべく、老中田沼意次は天明5年(1785)普請役山口鉄五郎らに蝦夷地調査を命じた。田沼の老中解任とともに、この調査団の任務は終了した。この調査は松平定信が老中となっても一部引き継がれる。
 こうした情勢下で、寛政4年(1792)10月3日、ロシアから北部沿海州ギジガ守備隊長アダム・ラクスマン(Adam Kirillovich Laxman)陸軍中尉は漂流民となった神昌丸の船頭大黒屋光太夫らを送還するために、根室へやってきた。その時に、老中松平定信は「信牌」を渡し、交易をしたいならば、長崎に回るよう指示した。しかし、ラクスマンは長崎に回航せずにそのまま帰国した。
 本報告では、松平定信がロシアに対してどのような情報収集・分析を行って対応しようとしたのかを明らかにする。情報収集の対象として、定信以外の老中、蘭学者や儒学者らが挙げられるため、彼らの認識を踏まえた考察を試みる。

【参考文献】
木崎良平『光太夫とラクスマン』刀水書房、1992年
秋月俊幸『日本北辺の探検と地図の歴史』北海道大学図書刊行会、1999年
生田美智子『外交儀礼から見た幕末日露交流史』ミネルヴァ書房、1999年
松本英治「寛政期の長崎警備とロシア船来航問題」(青山学院大学文学部『紀要』第41号、2000年)
藤田覚『近世後期政治史と対外関係』東京大学出版会、2005年
高澤憲治『松平定信政権と寛政改革』清文堂出版、2008年
高澤憲治『松平定信』吉川弘文館、2012年

 

報告者②:藤本健太郎(長崎外国語大学講師)
報告タイトル:「明治期長崎における衛生行政の展開」
〈報告要旨〉
 明治18(1885)年から明治19(1886)年にかけ長崎区で発生した二度のコレラ流行の経験は「検疫停船規則」「伝染病予防心得」などに基づく、清潔法・摂生法・隔離法・消毒法の遵守及び励行に留まっていた同区のコレラ対策を短期間で一変させた。
 国際貿易港であった長崎においては、内国船・外国船の入港減少や風評被害という地域経済に悪影響を及ぼす事態に直面し、明治18年のコレラ流行後は避病院の増設や下水道の整備に乗り出すとともに、明治19年のコレラ流行後は衛生工事の中でも最良の手段と謳われていた上水道施設の整備へとコレラ予防対策が高まりを見せる。
 一連の動きの背景には、県立長崎病院の医師や市井の開業医たちによる臨床・一般民衆への啓発活動に加え、長崎県庁を中心とした行政官による県会の議決を超然した衛生費の補正予算執行や先例のない公債発行、上水道施設という都市インフラの整備に向けた実業団体の支援などが存在していた。
 強力な毒性を持つ感染症に続けて見舞われた、長崎区におけるコレラ予防対策が段階的に深化してゆく過程を、医学者・行政官・実業家それぞれの視点から明らかにしたい。
 
【参考文献】
市川智生「近代日本の開港場における伝染病流行と外国人居留地-一八七九年「神奈川県地方衛生会」によるコレラ対策-」『史学雑誌』第117巻第6号、2008年
松本洋幸『近代水道の政治史』吉田書店、2020年